スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のしずくに再会した日。

名称未設定 (1 - 1)-2



雨のしずくにココロ惹かれてしまうなんて、随分忘れていた気がする。子供の頃はこんな“些細な”ことが起こっているのを見てとても嬉しい気持ちが続いていたよね、きっと。小さいことと大きなコトっていう比較のすべを、オトナになるにつれて何となく知ってしまった気になっていたようだけれど、それらは物理的な質量の違いだけであって受け手の感覚の違いなのかなとも思います。子供の頃のピュアな感性に戻りたい!とかって事ではないんだけど、遥か昔は何を見ても喜びが「等価」だったんじゃないかなぁと、感じた雨上がりの夕方。


(CANON EOS-5DMarkⅡ/CarlZeiss Makro-PlanarT* 2/50)
スポンサーサイト

コメント

 masahiro. : 2012/01/23 (月) 22:56:11 修正

purotoko さん

コメントとブログ拍手も戴きまして、ありがとうございます。
しずくは、透きとおっていて、そして光を反射して被写体の魅力を増してくれるのかもしれませんね♪

 purotoko : 2012/01/23 (月) 22:47:03 修正

雨の滴は、なぜか写真に撮ると上手く意外と撮れるのですがそれも花に乗っかっている雨の滴です。その花がより綺麗に見えるのです。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。