スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救われた日。

名称未設定 (7 - 53)-4


今日、正確には何時間か前だから昨日のこと。とってもうれしくて、涙がでそうになった。
facebookでお付き合いさせていただいている、尊敬する写真家H氏からメッセージをもらった。「今年は一度会いましょう。」
思えば20年前、僕が写真スタジオに勤めているときに、ある雑誌に投稿した自分が撮影した一枚の写真について、胸が苦しくなるくらい素敵で詩的な評文を書いてくださった方です。はや、20年の月日が経ってしまったけれど、僕は今でもそのときの嬉しさを忘れない。そして20年後に会いましょうって言ってくださった今、嬉しさが込み上げながらも、会っていただけるからには写真を準備しなきゃぁ。

不思議なことに、20年前とやってることは何ら変わらなく僕は、路上にたたずんでシャッターボタンを押しているだけなのです。けれど、もう少し待っていてください。お陰様で今年いっぱい頑張れる勇気をもらえたから、また路上に出てシャッターを押してみます。


(CANON EOS-5DMarkⅡ/CarlZeiss Makro-PlanarT* 2/50)
スポンサーサイト

コメント

 masahiro. : 2012/01/10 (火) 03:56:34 修正

タカ さん

いつもコメント有難うございます。
日本人の心意気見せたろーじゃないの!ってかんじで、海外の人が日本に来たくなってしまう写真をとってみたいなと思っております。

 タカ : 2012/01/06 (金) 22:53:11 修正

素敵な出来事ですね。
素人ながら意見を言うと、今回の写真とても引きよせられます。感じたことをを思うままに書けば、日本人以外の人はどのようにこの写真を感じるのだろうか。色も光も、建物も。引き寄せられる人が世界中に何人いるのだろうか。ふと、考えました。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。