スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北的夜景(14) 。

名称未設定 (130 - 416)


撮影後の写真補正を自宅PCで行う際には、いつもIphoneで音楽を大音量で聴いて補正の方向性を探っている。昔の“暗室”時代には真っ暗な部屋の中、ヘッドフォンからの音楽の流れと引伸機から投影される反転した写真のイメージだけが自分を支配していて、心地よいヒキコモリの世界だった!
面白いことに、聴いていた音楽によって写真の上がりが随分違っていた。個人的な経験則だが、マイルス・デイビスとかビル・エバンスとか聴いていたときは暗めの補正になりやすかった(笑)。レゲエやボサノバあたりだとコントラスト高めで躍動的な感じとか。ちなみに今回は Everything But The Girl  にて補正。写真のフィーリングに合っているかは、皆さまの想像力にお任せするとして(笑)。。。
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。