スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北的夜景(6) 。

名称未設定 (331 - 416)


-最近の写真流行について- ここ数年色々なメディアで見かける最近の写真の傾向で、やたら露出をオーバー目にしてぽやーとした感じの写真が多いなぁと感じます。いわゆる「女子カメラ」的な感じといえば伝わりやすいでしょうか?

ある意味、私たちの生活感というか時代感が反映された表現だと思いますし、もちろん(デジカメの普及もあって)女性だけでなく幅広く写真ファンが広がってゆくのは良いことだと思いますが、そろそろアノ感じは厭きたかなぁって思います。

古い話で言えば、もともとはアメリカ発祥の「ニューカラー」という流れ(マイヤウィッツ とか)からなんでしょうが、、、。
でも、マイヤウィッツの写真にはしっかりと締まったシャドー(暗い部分)があったけどなぁ。。。オッサン感覚が古いんじゃないの?って言われればそうかもしれませんが(笑)。ただ、ひたすら〝ぽわーん"とした露出オーバーな写真が、余りにも蔓延しすぎていて何とも食傷気味な気分です。皆さんはどう感じますか?

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。